May Bee ☆ ballet

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年初めての記事は…

<<   作成日時 : 2011/03/27 18:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

ご無沙汰しています(_ _*)2011年になってから早いもので3ヶ月が経過しようとしています。皆様お元気でしょうか。今年はいよいよブログを控えようと考えているのですが、あまりブログ管理ページにログインしないでいるとブログが消える場合があると思われるため、一応ごくたまに更新することとしました


記事内容としては、私的なこと…バレエや風邪や歯や…色々書く内容はあるのですが、性格的に書き出すととまらないので(−−;)それに、有用な情報でもないので(−−;)ダラダラこの記事で書くのは辞めておきます。


今年になって3ヶ月。その間にも色々なことが起きました。私に関しても色々ありましたが、勿論皆様にとっても色々な出来事があったかと思います。


特に先日、3月11日の東北関東大震災では日本中の人が大きな衝撃を受けていると思います。どんな記事を書くにしても、この話題はどうしても避けて通れないものがあります。ですので、まずそのことを今回は書きたいと思います。被害にあわれた方々には心からお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を祈念いたします。


あの日、日本列島の広範囲にわたって地震が起こり、私自身でさえも、今までの人生で一番大きな揺れに見舞われました。大きいと言っても、地震発生当時私が居た場所の揺れは震度5弱だったのですが。それでも、3月11日は震源から遠く離れた私の活動地域の交通さえも満足に動かず、私は帰宅困難者となり、自宅に戻ることが出来ませんでした。


しかし、地震発生の翌日、自宅に戻らないまま、出先のテレビで津波の映像を見て、自分の身が置かれた状況など問題にならないように思いました。平野を広範囲にわたって、海水がひたひたと進んでいく様はそれが現実であることを疑わせるような情景でした。誰を恨むこともできないでしょうが、なぜこんなことが起きてしまったんだ…そう思いながらテレビ画面をただただ見つめるばかりでした。


あの日以降、被災地の映像は言葉にならないような状況を映し続け、それだけで何とも言えない気分になります。あまりにも広い範囲にわたって起きた、それも強すぎる地震のせいで、被害を受けた地域が尋常な数ではなく、未だに実情が把握しきれないと言うのですから…それだけで言葉を失います。それに加え、原発問題まで発生したことで、かなり広範囲にわたって現在進行形で不安な事象がいろいろな形で新たに生じてきています。


あの一瞬の揺れで失ったものはあまりにも多すぎるのだろうと思います。大切な人やものを失った人がどれほど居るのか…。原発の事故でどれだけの人が不安な日々を送ることになるのか、日本がどれだけの信用を失うことになってしまうのか…。今、この瞬間もどれだけの人が、地震以前には存在しなかった何かのために、心に重いものを抱えているのか…。


それでも、これが色々な何かを考え直すきっかけになったり、当たり前の日常がいかにありがたいものであるのかを気付くきっかけになったり…失うばかりの地震ではなかったと思いたい気持ちもあります。そこに救いを求めたくなってしまいます。


ありがたいことに、私の周りでは地震によって大きな被害を受けることはありませんでした。それでも実質被害の少なかった私の地元ですら、節電や原発問題の関係で、地震前とは街の様子が若干異なることは事実です。


職場もそうですが、色々なところで照明が暗くなっています。職場はついに蛍光灯が何割か外されました…。始業前や昼食時全ての照明を切っていたくらいです。廊下などまっくら。。。電車内の照明や空調が切ってあったりもします。そして全列車各駅停車なのに満員…。


お店の閉まる時間も早まっています。


スーパーの棚から消えた牛乳、ヨーグルト、卵、納豆…。。。地震直後はカップラーメンも缶詰もお菓子もお米もパンもホットケーキミックスまでごっそり棚から消えてしまう始末でした。今はある程度戻っていますが、手に入れにくいものもあります。公共広告機構で「買占めをやめよう」というバージョンも出ていますが、一時は買い占める以前に家に食べ物が無いのにスーパーにも無い状態でした(−−;)


今スーパーに絶対に無いのは電池と水…。水は…どうなることやら…。


正直なところ、余震の恐怖はようやく薄らいできましたが、原発の問題は時間が経つごとに少しずつ不安になってきています。


それでも、毎日事足りた生活を送れることはありがたいのだと思います。


地震後ずっと閉められていたバレエスタジオも、先日2週間ぶりに再開されました。節電の関係で、スタジオの電気が半分しかついていないこと以外は通常通りのレッスンでした。ある部分では、日常が戻りつつあるのだと感じました。


今回の地震では、被害に遭われた方も、そうでない方も、日本中の人々が衝撃を受けている…受け続けていると思います。そして多くの人が一人でも多くの人に助かって欲しい、日常を取り戻して欲しいと思っていると思います。本当にそうなって欲しいと私も思います。


東北関東大震災のことは私には言葉で上手く表現することができません。あの日以来、私はしょっちゅう地震の夢を見ますが、同じような方は多いと思います。私はその言葉が適切なのかよく分からなかったりもしますので『がんばろう日本』と叫ぶことができないのですが(−−;)でも、できることをやって今を生きていかないと…そうは感じます。明日に繋がるように…


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時

まろべぇさん。
初めまして。
じゅりと申します。
突然コメントしてしまい申し訳ないです。
私は、関西の女子大生です。
今年の2月に顎変形症の手術をうけまして、今術後1ヶ月半ほどです。
術後にまろべぇさんのブログを見つけて、術後の経過などの記事を読ませていただいてます。
そしていろいろ参考にさせていただいてます。

まろべぇさんがバレエをしているということなので、少し質問させていただきたいと思い、コメントさせてもらいました。
私も大学でダンスをしています。術後は激しい運動をしてはいけないと、担当医の先生には言われているんですが、まろべぇさんは、
術後どれくらいからバレエに復帰されましたか?
先生に聞いてはいるんですが、やはり経験者の方の話の方が参考になると思いまして…。

お時間がある時で構わないので、よかったら、術後の運動の度合い、バレエの復帰時期などについて、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。
またお邪魔させていただいてます。
じゅり
2011/03/31 17:15
じゅりさん、はじめまして☆コメントをありがとうございます。

手術お疲れ様でした(_ _*)大学でダンス…素敵ですね(^^)♪

私の場合、術直後はダッシュしたりすることが躊躇われた気もしますが、術後2週間弱でバレエレッスンに行ってしまいました(^^;)

私の場合は先生方から術後の運動制限等、特に指示はありませんでした。まぁ、バレエを習っているとも言いませんでしたが(苦笑)

私の先生は、『顎変形症の手術は@健康な人を手術するA手術対象部位は首から上だけ』…と、術後運動制限なんて殆ど無いというコトを強調されていたので(苦笑)

顎に直接ダメージが加わるような動作でなければ(例えばジョギングなどなら)問題ないというスタンスだったと思います。

実際、術後2週間でバレエに行っても、私の場合は支障がありませんでした。でも、私のクラスは優しいクラスで、激しい動きが無かったので…激しい運動の部類には入らないかも知れないです(^^;)

因みに私が術後していた運動は週1のバレエレッスン(90分)程度でした。でも、首を動かしたとき、ジャンプや走ったりしたときに顎付近に違和感(顔が腫れていたせいかも知れません)があったり。

自分で『いつもと違う感覚がする(−−;)』という動作に関しては控えめにやったと思います。

(でも、以上は私の現在の記憶に基づいたものですのでどのくらい確かかは不明。汗)

ダンスによっては集団で動いて他人と接触する危険があるものもあると思う&人によって状態は様々&私の記憶も怪しい部分があるので、先生と良く相談してみてくださいね(^^)

まだまだ日常生活で食事等不便もあるかも知れませんが、どうぞお大事に
まろべえ
2011/04/02 18:31
まろべえさんはじめまして。
崇一と言います。


いきなりで申し訳ないのですが、僕は今年の春から高3になり大学受験に向けて勉強!勉強!(行けるかわからないけど)という時期に治療を開始し、先日術前強制が始まりました。

5本も抜歯したんですが、あれは痛かったです(ρ_;)笑


ですが、こうやって治療に踏み出すまでに、術前強制や手術などが怖くて治療するかどうかをすごく悩んでいたんですが、顎変形症の記事など読ませていただいて、まろべえさんの前向きな考え方などをみて治療する決心がついた気がします。


色々辛い思いもしていくと思いますが、なんとか頑張っていこうと思いますo(^-^)o


日本復興と共にまろべえさんの明るい記事の更新を心から楽しみにしてます!
崇一
2011/04/13 11:31
崇一さん、はじめまして☆コメントをありがとうございます。お返事が遅くなってゴメンなさい(_ _。)

崇一さんは高3なんですね(^^)今の時期、まだまだ今年度、始まったばかりなので…目標の大学へ向かって努力のしがいもタップリだと思います。

受験の時期はストレスタップリの時期で辛かったりもしますが(私の経験。苦笑)頑張れば頑張っただけ、受験時代の経験はこの先の人生に色々とプラスに働いてくれると思います

でも、受験シーズンに矯正も並行…は大変ですね(−−;)5本も抜歯…もお気持ちお察しします(涙)

顎変形症の治療は終わってしまえば「そこまで心配しなくても良かったかな。」と思える部分もあるのですが(やっぱり私の経験。)、でも色々と繊細な(?)部分の治療なだけに術前は特に悩みは尽きないと思います。

崇一さんは色々今年は戦いの年になりそうな感じですね(^^;)でも、言い換えれば色々と良い方向に向かって乗り越えて、人生の自信を増す素敵な一年にするチャンスの時でもあると思います。色々と良い方向に進んで行かれますこと、陰ながらお祈りしています(_ _*)

受験も治療も応援しています
まろべえ
2011/04/25 22:52
まろべえさん。
「バレエ辞めたい」で検索していたら、ここへたどり着いてしまいました。私は30歳からバレエを始めた主婦です。もう46歳になってしまいました。
ところどころ読ませていただきました。
私も歯の矯正しました。抜歯は4本でしたがそれだけでも大変でした。友人に中学から顎変形の人がいましたが、治療で特に20代はしんどかったようです。
最近はお忙しくて更新されないのですね。
バレエも、個人所有のスタジオでなければ先生はコロコロ変わります。私はスタジオから独立された先生の遠い教室に通っていますが、親しくなり過ぎて辞めるのに苦労しています(往復に時間がかかるので辛くなってきました)
体をこころは一体になっているので、時々体を動かすと「うつっぽい」のも消えます。運動は体へのご褒美だそうです。
まろべえさんも今ではお仕事されておられるのでしょうが、バレエは機会があれば、細々続けて欲しいです。
にゃんきち
2011/12/22 09:50
にゃんきちさん、コメントをありがとうございます☆お返事が遅くて申し訳ありません(_ _。)

バレエを16年も続けておられるのですね(^^)素晴らしいです。

私のバレエ教室も先生が結構変わってしまいます。多分私が入った頃の先生は1人しかいらっしゃらないのでは…(^^;)

入ってるクラスは入会時から全く同じですが、先生は4人目です(苦笑)

私は近くのスタジオなので楽ですが…遠くに通うのは大変ですよね。私はワザワザ飛行機でスタジオに通っている人が居ると聞いて耳を疑ったことがあります(^^;)

飛行機は特別でしょうが…やっぱり移動時間を取られるとなると困りますよね。

私は逆に電車で通ってみたいスタジオ候補が幾つかあるのですが、往復時間や運賃を考えて実行に移せずにいます(^^;)

ともあれ、バレエレッスンは私も楽しいです。本当は今年辞めようかな…とも思ったのですが。昨日久々にレッスンに行ってみて、『やっぱりバレエは辞められない。』と思ってしまいました(笑)

日常生活に無い楽しみがあの空間にはあるような気がします

レッスン以外の人間関係、指導方針の相違とか…色々悩ましいことはあると思います。

私の周りのメイトさんにも、他の教室から移ってこられた方が沢山いらっしゃいます。他の教室と掛け持ちしている方もいらっしゃいますし、勿論辞めていかれた方もおられます。

…教室は一つではないと思いますので、悩み少なく純粋にバレエレッスンをこれからも楽しんでいただけたらいいなぁ…と思います。私も辞めないでレッスンを楽しみますね(^^)♪
まろべえ
2012/01/21 14:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年初めての記事は… May Bee ☆ ballet/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる