May Bee ☆ ballet

アクセスカウンタ

zoom RSS どこか寂しい。

<<   作成日時 : 2009/10/02 23:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

衝撃の事実が知れ渡った先週のレッスンから、あっと言う間に一週間が経ちました。今日から新しい(と言っても、今まで何度か代講レッスンを担当して下さった先生なので少しは知っている)先生にバトンタッチ。


階段に貼ってある先生のレッスン割り当て表は、今日見たらさりげなく変えてありました。先週まで私達を担当して下さった先生は…あぁ、ホントに新スタジオの研究科(子ども対象)に。…先生…ホント、子どものクラスに行ってしまったのですね…(_ _。)はぁ。


先生が代わられたせいでしょうか。今日は久々に少ないメンバーでのレッスンでした。他のスタジオにも行っている…というあるメイトさんは、先生が変わってしまったので、このクラスは辞めてしまったそうです。…寂しい…。久々にバーを出さないでレッスン。あぁ、なんだかなー。。。


でも、今日から担当になった先生も、レッスンで例えを使って説明して下さるので、嫌いではないんですよ。バレリーナさんではありませんが…バレエだってやってこられた先生だと思われますし。


今日から担当の先生のレッスンを受けるのは久々でした。


以前、一年くらい前にこの先生のレッスンを受けたときは『なんて難しいレッスンなんだ…。』と、衝撃を受けたような記憶もありますが…ここ数ヶ月、私が勝手に愛する(汗)先生のレッスンを受けてきたせいか、今日はそう感じませんでした。


…というか…物足りなかった…。いつの間にか、アンシェヌマンを覚えるのに相当集中力を要するスタイルのレッスンに慣れていたんでしょうか。


でも、勿論基本が出来てない私ですから…やたら難しいアンシェヌマンにトライするのではなく、じっくり基礎を固めることこそ大切なはず…だと思います。…と思って、今日のレッスンも行いました。


かかとの向きとか…やっぱり出来てないよね、と再認識。それでも、久々に鏡を見ながらバーレッスンをしてみて…一年前よりバレエっぽい動きにちょっとは近づけたかな?、なんて気も少ししました(笑)美しさ…という観点から、ここ数ヶ月注意を沢山聞いてきましたから…。


いつものアンシェヌマンを組まれるとオロオロするくせに(^^;)…それでも、今日のように大人しい(?)アンシェヌマンは、ちょっと寂しかったです。なんででしょ。やっぱり『ちょっと難しい』くらいのモノにチャレンジすると、向上心とかが刺激されやすいのかな。


今の先生のレッスンも嫌いではないのですが…むしろ、1年くらい前、先週までの先生に出会う前は、なんてバレエっぽいレッスンなんだ…と感激したくらいだったのですが(−−;)何故か、どこか心に穴が空いたような…寂しさを感じた今日のレッスンでした。あの緊張感&興奮を感じるレッスンに…音楽に乗って動く楽しさを感じられるレッスンに…再びめぐり合うことは出来るのでしょうか。


これからも基礎固めを頑張ろう…と思った今日のレッスンでしたが…何故か、何とも言えない寂しさをぬぐうことが出来なかったのでした。他のスタジオ併用…私も?…ちょっと心が揺れています。





そうそう、今日のレッスン。いつもの顔なじみのメイトさんも勿論いらっしゃいました。レッスン開始前…更衣スペースで、『思わず買っちゃった♪』と、先日私も購入したバレエ雑誌『クロワゼ』を見せてくれました(^^)トゥシューズ特集だもんね。やっぱり心惹かれます(笑)


そこで、ちょっとトゥシューズの話になって。クロワゼを今日購入されたというそのメイトさん、実は…なんと、バレエ歴11年なんですって。最近まで、違うスタジオに通っていた方なのですが…。発表会でトゥシューズを履いたこともあるそうで。トゥシューズなんて足を入れたこともない私には夢みたいな話です(笑)


でも、トゥシューズを履いたら足の爪が死んじゃうと伺って…怖くなりました(−−;)爪の中が内出血したり、爪が剥げたり…聞いていて痛くなりました(−−;)


体をしっかり鍛え上げて、引き上げの感覚もつかめていたり…ソノ上でさらにきちんとあったシューズで正しく立っていれば、立てないこともないのでしょうが…。私が今、トゥシューズを履いたら、絶対に爪剥げ事件が起こる予感がします(−−;)


先週まで教えて下さった先生は、結局一度もバレエシューズで現れることはありませんでした。常にトゥシューズでレッスンをして下さいました。その先生のおみ足…。レッスン前にストレッチをしているその足を何度となく間近で見ていましたが…血豆の一つも出来ていなかったです。爪も割れていなかったし。


きっと本当に上手なダンサーって、血染めのトゥシューズ状態になることなんてないんだろうな。ダンサーとして、長く舞台に立つためにも、きちんとした体の使い方がきっと大切なんだろうな。


色々考えても…やっぱり先週までの先生の姿が甦ってしまうなぁ(−−;)


さて、話は戻って。そんな大人からバレエを始めた人にとってのトゥシューズレッスンについて語っていたのですが。私以外のメイトさんは、クロワゼ的にはもうトゥシューズを履いてもいい年数、レッスンをされているという事実を知って、ちょっと衝撃を受けました(−−;)


皆が遠いところの人に見える…(苦笑)


私は、バレエ開始2年半…まだ経ってないかな、という程度。私がトゥシューズに手が届く時は…一体いつ訪れるのでしょうか…。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まろべえさん、こんにちわ♪ 別れに弱い私‥まろべえさんの寂しい気持ちが分かるような気がします。
でも‥結構あっさりしてる部分もある私(汗)
手術の前に仕事を辞めた時‥かなりの寂しさがあったのに、次の日にはあっけらかんとしてたっけ(笑)

まろべえさんの慕う先生は本当に素敵な方なんでしょうね‥
その先生にレッスンを受ける方法としては〜別の教室に行くしかないんですよね? それもなかなか勇気が必要だと思うし。
本当に難しいですね‥

まろべえさんのバレエの記事は。。本当にバレエを愛してるんだなあ〜って気持ちが伝わってきて‥入院生活にストレスを感じ始めてる私を、ホッコリにこやかにさせてくれます(^^)
あかね
2009/10/03 10:59
あかねさん、こんにちは☆

別れは辛いですよね。先生は他の教室では…代講をやる、と仰っていたので…クラスを持ってるワケでは無く(−−;)もう、事実上レッスンを受ける機会はゼロに等しいのかも知れません(涙)

そう言えば、最近矯正の先生も懐かしくて。コレまたお会いすること、無いんだろうな…と思うと切ないです。今の咬み合わせがあるのは先生のお陰なのにな。

あかねさんの先生、随分慎重派なのでしょうか(−−;)入院生活も長くなるとストレスですよね(−−;)私は術後数日で…病院にいる意味が分からなくなって(苦笑)必要な処置も無いのに病院にいるの…気が引けてしまって、妙な気遣いで疲れました(^^;)

でも、もう術後2週間程になりますよね。いい加減退院も近いハズ…だと思いたい。きっともう少しの辛抱だと思います。後少し…頑張って下さい(><)
まろべえ
2009/10/03 16:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこか寂しい。 May Bee ☆ ballet/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる